イメージ画像

プロバイダーって何?

インターネットの契約において、プロバイダーの契約は無くてはならないものですが一度契約したらそれと長いこと付き合っていくことになるわけですからね。


長い付き合いになるものだからこそ、しっかりと比較し、選んで妥協のない自分にあったものを選ぶのが一番ではないでしょうか。


プロバイダーは今1000を越える種類があるわけですが、それぞれ長所や短所などがありますので適当に選んだりしたくはない所ですが、このプロバイダーを比較する前にプロバイダーというものが一体どういうものなのかということを調べる必要があります。


そもそも、プロバイダーとは一体何をするものなのか?という事になりますがプロバイダーとは言ってみればインターネットの通信回線自体を提供してくれるものです。


フレッツ光など、インターネットの通信をするための光ファイバーを運営しているのはNTTなどが有名ですがそこにアクセスするための身分証明のようなものがプロバイダーだと思うとわかりやすいでしょうか。


そのプロバイダーの数は沢山あるのですが、プロバイダーによっていろいろな特典が違うということですね。


例えば、通信回線の速度などの話をすると要は入口を通る時に面倒な手続きをしなくてはいけないものもあれば手続きに全然待たされないで通してくれるものもあるという違いですね。


とは言っても、最近はどこのプロバイダーも光回線でつないでいれば或る程度の速さは確保されているのですが、それでもやはり高速回線を確保しているプロバイダーの方がダウンロードの時間などが短くなることは間違いありません。


他にも、プロバイダーによってはセキュリティサービスなどが違ったりもしますので此方も参考にするといいかもしれません。


インターネットを利用していると、ウィルスにパソコンが侵されてしまう事もあるわけですがこれを予め防止してくれるセキュリティソフトを使っておくというわけです。


プロバイダーによっては、このセキュリティソフトを無料でオプションとして付けてくれる場所もありますので、セキュリティソフト選びにあまり自信がない人はこれに頼るといいでしょう。


セキュリティソフトは高性能なものだと、どうしても有料になってしまいますので使い比べをするというのは少々金銭的な負担も大きいので、プロバイダーが推奨するようなセキュリティソフトを利用すると確実に安全が保障されるかと思います。


何より、セキュリティソフトと抱き合わせで契約してくれる場所は継続して無料で使い続けることができるという所が一番のメリットではないでしょうか。セキュリティソフトは情報流出を防ぐには欠かせないものですから。

このページの先頭へ