イメージ画像

プロバイダーと光回線の選び方

インターネットを使いたい人は、プロバイダーの契約も必要になって来るわけですがプロバイダー選びって結構大変なことなんです。


というのも、プロバイダーによって光回線のどこに対応しているのかが違ったりしますのでそのあたりもちゃんと調べなくてはいけないからです。


そういう時、プロバイダーの比較サイトなどは非常に役に立つ情報が沢山載っていますのでそういった根本的な部分がわからない人は参考にするといいのではないでしょうか。


光回線の中でも、一番メジャーなものと言えばやはりNTTの光フレッツでしょうね。大容量の通信が可能で、規模も大きいので質が高いのはもちろんですがサポートの体制もしっかりしているので安心して利用することができます。


他にも、最近ではAU光やBBIQなどのKDDI提携のものや、九州地方限定になりますが電力会社と提供しているようなものもありますので、此方も新しいものという事でオプションサービスなどはもちろんなのですが地方限定のサービスもありますので自分の環境と合わせて選択肢のうちに入れておくといいでしょう。


他にも、光Oneのようなどのプロバイダーを選んでも値段が均一になるというようなものもありますのでプロバイダーの内容重視で決めたい人であれば此方を選ぶのもいいかもしれませんね。


そして、何より光回線を選ぶ時に気をつけなくてはいけないのが自分が住むエリアに対応しているのかどうかという事です。


プロバイダーは基本的に、回線自体が対応していればどれでも選ぶことができるのですが光回線の場合は自宅に光ファイバーを引き込まなくてはいけませんので工事をするために立地条件や回線自体が通っているかという条件をクリアしなくてはいけません。


なので、自動的にプロバイダー選びも自分の住んでいる場所に対応している光回線と対応したものの中からということになります。どれを使うかが決まったら今度はプロバイダーを選ぶところから始まります。


プロバイダーは、光回線自体よりもずっと数がありますので一つ一つ調べてチェックしていたらそれこそどのくらいかかってしまうかわかりません。


基本的に、プロバイダーに隠れた穴場というようなものはありません。名前が知られてもいないようなメジャーなプロバイダーは、それだけ人気がないという事ですので避けた方がいいでしょう。


名前が知れているような有名で、規模の大きなもの程確実な回線を確保ができるのでそちらを選ぶのがいいです。


また、メールアカウントの作成やプロバイダーによってはホームページの制作をするためのサーバー提供してくれるようなものもありますので自分がインターネットで何をしたいのか照らし合わせるといいでしょう。

このページの先頭へ